声だけの関係(完全無料)

8月下旬から就職活動を始めました。

気がつけば9月もあっという間に終わりそうな勢い。

この間、沖縄に行ったり履歴書を書いたり、部屋の整理をしたり、役所の手続きをしたり、退職した会社に書類をせっついたり、ヒキガエルにしては頑張りました。

今年は結構、日に焼けました。

今のところ、僕は無職です。

あたらしい無職 (SERIES3/4 2)

あたらしい無職 (SERIES3/4 2)

 

面接の話です。

僕は面接に対するスタンスが定まっておらず、その場の雰囲気でやり過ごすことが多いです。

常にノープランで挑む為、一次面接は通っても二次面接で落とされます。

やはり役員面接、代表面接ともなると、騙せない。

僕の内面のふわふわした感じを、社長クラスは見逃さない。

「なんで大学辞めたの?」

「この空白期間は何してたの?働こうと思わなかったの?」

「経歴がね、面白いけどね、めちゃくちゃなんだよね」

「熱意を感じない。もっとアピールして」

僕の弱点は、圧迫面接のように感じてしまった場合に、その場でもう「ムリダナ」って諦めてしまうところです。

面接のスタンスが定まらないと先に書いた通り、面接で自分を売り込む意志(アドレナリンとか闘志みたいなもの)が湧いている時と、そうでない時とのギャップが激しい。

どちらかと言えば、「どうか僕を働かせてください」とは思っていない。

それが面接官にバレてしまうのでしょう。

だから現状、うまくいっていません。 

www.youtube.com

 

それはまあ良いとして。

毎年、9月から10月にかけて雨や曇りが多くなるこの時期は調子が悪い。

裸足でいるとつま先が湿って冷えてお腹が痛くなる感じです。

毎日毎日、転職サイトからの電話がかかってきて、早く働けと急かされているようで憂鬱になります。

◯◯人材バンクのTさん、声の雰囲気は明るく穏やかで感じが良く、もしかして僕のことを好きなんじゃないかと錯覚させる、清楚系キャバ嬢みたいな女性から毎日のように電話がかかってくる。

週5はちょっとやり過ぎじゃないか。

土日でもかかってくるし、夜8時とか9時にメールがきた事もある。

これってもう、カノジョがカレシに「きっと良い仕事が見つかるよ。ガンバレー!ガンバレー!」と励ましたり急かしたりしてるのと何が違うの。

 

 

そんな感じで、見ず知らずの方に支えられ、今日も僕は就職という最重要課題を見失わずに済んでいます。

広告を非表示にする